リコンゴの子育てひろば 

パート2: 離婚後の協力的な子育てのスキルと方法


不平等な協力

離婚後に協力的に子育てする多くの両親は、一緒に子育てするときに、子育てのパートナーが十分にやろうとしていないと思う気持ちを報告します。平等に子育てをしていないと感じるならば、離婚後に子育てする親はサポートされていないと感じ、協力して効果的に子育てすることができません。

例:

  • 仕事の制約により、問題が起きてもあなたは子育てのパートナーと会うことができない場合が多い。それは子育てのパートナーが「自分と同じくらい子どもを世話していない」とあなたを非難することにつながる。
  • 難しい状況が発生したとき、子育てのパートナーはあなたと会うことに同意しない。そのため、あなたは子どもに関することについて合意することができない。
  • あなたは子育てのパートナーとどのように調和してやっていくかを学ぶ途上にある。しかし、子育てのパートナーは協力して子育てすることに関心がないように思える。そして、あなたとの関係性においてコミュニケーションの方法を適用しようとしない。

事例:


アブラハムは、キャリーが子どもに関する選択を下すことに十分なエネルギーを割いていないと感じていた。彼は彼女にフラストレーションを感じ始めた。子どもたちのニーズに応えるためには、彼とキャリーが子どもたちの福祉のために協力する必要があると理解していたからである。

1. アブラハムはキャリーとの争いをどのように解決すべきでしょうか?
不正解:アブラハムはキャリーと上手にコミュニケーションをとるために尽力すべきである。彼は子どものニーズに的確に応えるために彼女の協力が必要である。自分の感情にふたをすると、今後争いを増やすかもしれないので、この状況と穏やかに向き合うことが最善である。
正解
不正解:キャリーは過去を手放して、子どものニーズに的確に応えるために、アブラハムと一緒に取り組むべきである。前に進むために彼女には何が必要か、自分の気持ちについてアブラハムに伝えることによって、子どものための団結したサポーティブなチームを築くために一緒に取り組むことができる。