リコンゴの子育てひろば 

パート2: 離婚後の協力的な子育てのスキルと方法


方法2:可能な解決策を一緒に考える

争いがフラストレーションと攻撃に変わる前に、対面あるいは電話で問題について話し合い、可能な解決策を決断してください。懸念について交互に話し、聞き、子育てのパートナーのフラストレーションについて話しを聞きながら、可能な解決策をノートに書き出してください。代替案について一緒に考え、両者が納得できる解決策を作ってください。これにより歩み寄ることになるでしょう。

可能な解決策は何の役に立つのでしょうか?

  • 子育てのパートナーをチームメイトとみなす。
  • 変化を模索し、将来の争いを減らす。
  • 子どもを巻き込むことを避ける。これは多くの利点がある。
  • 可能な解決策を考えることは、歩み寄りという最後の段階の舞台を整える

子育てのパートナーと可能な解決策を考える方法


  • 個々の解決策を出し合う。お互いの意見を共有し、それぞれの解決策を改善するフィードバックを返す。
  • あなたと子育てのパートナーの両者が納得できる選択肢をいくつか挙げる。どれがもっとも公平で、子どもに焦点を当てているかを話し合う。
  • コミュニケーションをオープンに続ける。歩み寄るために一貫したフィードバックを頻繁に返す。