リコンゴの子育てひろば 

パート2: 離婚後の協力的な子育てのスキルと方法


方法1:離婚後に協力的に子育てする関係を築く

子どもを中心に据えて子育てのパートナーと新しい関係を築くことは、子育てのパートナーとして成功するために不可欠です。結婚していた夫婦が離婚して、子育てのパートナーになることは簡単ではありません。ちょっとした苦労が必要です。互いの性格や過去の言動についてどう感じているかにかかわらず、一緒に子どもを育てるために、あなたは信頼、尊重、サポートを必要としています。

離婚後に協力的に子育てする関係を築くことが重要です。なぜならそれは:


  • 離婚後の子育てのために必要な信頼と尊重の基盤を提供する。
  • 残存するネガティブな雰囲気を消し去る機会となる。
  • あなたと子育てのパートナーが支え合い、子育てのパートナーという新しい役割を担っている姿を子どもに見せる。
子どもを中心に据えて子育てのパートナーと新しい関係を築くことは、子育てのパートナーとして成功するために不可欠です。結婚していた夫婦が離婚して、子育てのパートナーになることは簡単ではありません。ちょっとした苦労が必要です。互いの性格や過去の言動についてどう感じているかにかかわらず、一緒に子どもを育てるために、あなたは信頼、尊重、サポートを必要としています。

離婚後に協力的に子育てする関係をどのように築くか


  • 過去を手放す:離婚したカップルは、過去の議論や残存するネガティブな気持ちを蒸し返しやすい。敵対心を手放すことが、ネガティブな気持ちを避け、子育てのパートナーとしてうまくやっていくために助けになる。
  • 尊重と信頼を保つことに同意する:子どものために、新しい関係は尊重と信頼の上に築かれるべきである。信頼は子どもに関する判断を下すときに同意したり、情報を自由に共有することに安心を感じたりするために助けになる。
  • 共有する目的を理解する:あなたと子育てのパートナーは健康で豊かな子どもを育てたいという願望を共有していることを覚えておこう。この目的を新しい関係の中心に据えることが、子どものためのチームであることを忘れないために助けになる。
  • 情報、考え、示唆を共有する:子どもの達成したこと、葛藤、出来事について子育てのパートナーに知らせること。それはオープンなコミュニケーションのラインを作る助けになる。
    ・関係が高葛藤でコミュニケーションが難しいならば、情報を共有するためにペアレンティング・コーディネイターが必要かもしれない。
  • 問題の解決を手助けする:たとえば行動の問題や病気など、子どもの課題を解決するあなたの能力は、子どもの福祉に直接の影響があるだろう。
  • あなたが子育てのパートナーを尊重していることを子どもに示す:これはすべての家族メンバーにとって健康に共存するために欠かせない。これは子どもに両親双方とポジティブな関係を保つための能力を与える。
子どもを中心に据えて子育てのパートナーと新しい関係を築くことは、子育てのパートナーとして成功するために不可欠です。結婚していた夫婦が離婚して、子育てのパートナーになることは簡単ではありません。ちょっとした苦労が必要です。互いの性格や過去の言動についてどう感じているかにかかわらず、一緒に子どもを育てるために、あなたは信頼、尊重、サポートを必要としています。

新しい関係を築くときの障壁


元配偶者と新しい関係を築くことが離婚後の協力的な子育てを成功させる上で不可欠です。この新しい絆をどうやって築いたらいいか、あなたは恐れているでしょうか? この新しい絆を作れない親は、お互いに過去の恨みの気持ちや歩み寄りたくない気持ちを心に抱いています。重点的に取り組めば、あなたは過去の恨みを手放し、前に進むことを学ぶことができます。離婚後に協力的に子育てする関係を築くために乗り越えなければならない障壁は以下の通りです。

  • 過去のネガティブな気持ちを手放せない。
  • しつけや子育てに関する共通のビジョンが欠けている。
  • 片方あるいは両方の努力が足りない。
  • 争いを解決するスキルが足りない。
  • 効果的なコミュニケーションのスキルが足りない。