リコンゴの子育てひろば 

パート3: セルフケア、家族の変化、安全


再婚後の子育て

何よりもまず、子どもが常に最優先です。ステップ・ペアレント(継親)を紹介する親であろうと、子育てのパートナーであろうと、子どものための子育てチームなのです。子どもに寄り添うために、あなたたちはこの新しい家族のかたちの中に心地良さや信頼を一緒に創り出さなければなりません。最初は、共存なんて無理だし、居心地が悪いと思うかもしれません。しかし、居心地の悪さを乗り越えて、前に進むためのステップのいくつかは以下の通りです。
  • コミュニケーションを取る:コミュニケーションは離婚後の協力的な子育て関係を成功させるカギである。とりわけ、ステップ・ペアレントや新しい関係が含まれるときは。
  • 配慮する:子どもの目の前で、元配偶者に対する悪口や、元配偶者と子どもの関係についての意見を言わない。長期的に見ると、子どもと親の不健全な関係と同様に、これは反感の原因になる。
  • 関与を増やす:子どもの活動に一緒に参加する。みんながお互いに知り合い、それぞれの子育てスタイルを理解する助けになる。
  • 大人同士(実親と継親)で期待や不安について話し合う:まとまりを促すために。
  • ステップ・ペアレントは、家のルール、余暇など、実親両方の行動をサポートすべきである。
  • 境界線を破らない。境界に侵入すると、離婚後に協力して子育てする関係が崩れる原因となる。
  • 子どもの味方そしてサポーターになる。子どもは困難な時期を過ごすことになり、そばに誰かが必要である。
  • 自分以外の関係について嫉妬しない。これはあなた、あなたの新しい配偶者、元配偶者、子どもの争いの原因となる。
  • 子どもを最優先にする。常に子どもをサポートしたり、慰めたり、愛情を与えたりする時間を作る。
子どもの生活にステップ・ペアレントを組み込むためのヒント

DODON’T
パートナーや元配偶者と子育て(しつけ、家事など)に関して足並みをそろえること。 →あなたと子どもにとって行き来を簡単にするだろう。パートナーを急に家庭に登場させたり、すべてのしつけをやらせたりすること。   →たくさんのプレゼントで新しいパートナーに子どもの歓心を買わせない。子どもはそれを見破る。また、新しいパートナーに子どものしつけをゆっくりと始めさせる。
子どもに1対1で実親と時間を過ごすことを促すのと同じように、新しいパートナーと時間を過ごすよう促すこと。   →お互いにコミュニケーションを取ることによって争いを避け、子どもの自由な時間を分かち合うこと。要求水準を高くし過ぎないこと。   →時間をかけると、関係は育まれていくだろう。高い要求水準は、子どもにとってすでにストレスフルかつ困難な状況に、さらなるストレスを追加する。
家族会議を開き、新しいパートナーを含めた活動を計画すること。   →これは新しいパートナーと子どものコミュニケーションをよくする助けになる。新しいパートナーと子どものための活動を計画することは、両者の絆を強め、家族として成長する最高の方法となる。境界を踏み越えないこと。   →あなたは新しいパートナーをポジティブな親イメージで見るかもしれない。しかし、元配偶者が担っていたすべての責任を新しいパートナーに託すこと、あるいは、新しいパートナーをすぐに受け入れるよう家族メンバーに強制することは、緊張と不信の原因となる。
「おまえなんか僕のママ(パパ)じゃない」という会話に備えること。   →子どもはときに新しいパートナーに憤りを感じるだろう。しかしそれでも子どもは新しいパートナーに配慮し、新しいパートナーが子どものために下した判断を尊重しなければならない。個人的に受け取ること。   →新しい関係を始めたあなたの決断について、子どもやパートナーに罪悪感を感じさせないこと。ネガティブな感情は、関係と信頼感が築かれていくと、たいていやわらいでいくだろう。

あらゆる状況で子どもと継子が第一であることを忘れない。自分と配偶者あるいは元配偶者、子ども、継子のあいだで起きる争いを予防するために、自分にできることをしてください。コミュニケーションと境界の設定は、ステップペアレント(継親)を含めた離婚後の子育てシステムをうまく維持するための、もっとも大きな要素のふたつです。子どもが両方の家で居心地が良いようにするために、コミュニケーションのラインを開いておいてください。家族間でお互いにどのようにやりとりするかについて期待し過ぎてはいけません。再婚にネガティブな態度を持たず、円滑なコミュニケーションには時間がかかるということを現実的に理解してください。親はどんなときも子どもを元気づけるために最善を尽くすべきです。子どもと時間を過ごし、子どもに配慮し、子どもに愛情を向けてください。しかしながら、それに対して見返りがないかもしれないことを理解してください。

すべての家族がひとつだけです。それはすべての家族が独自の視点やかたちを持っているということを意味します。もっとも重要なことは、家族を大切にして、子どものために愛情のある環境を整えることです。離婚後の家族にとって愛情は何を意味するのでしょうか。