リコンゴの子育てひろば 

パート3: セルフケア、家族の変化、安全


途方に暮れたときは助けやサポートを求める

自分をいたわり頼れる人間関係を築いても、あなたはまだ辛く、ストレスに苦しんでいるかもしれません。これは、あなたのストレスレベルが高い、あるいは生きていくための能力を妨げるネガティブな感情があることを示しています。辛くてどうしていいかわからないとき、専門家に援助を求めましょう。下記は、ストレスフルな時にあなたにとって有益な専門家です。

  • 内科医: あなたが、長期間にわたり、体調が悪かったり、痛みやストレスがあったら、内科医に診てもらいましょう。内科医は、あなたの身体に問題ないか診察し、改善方法を教えてくれます。
  • カウンセラー: あなたが公平な視点を持つ誰かと話したいと感じた時、カウンセラーは適切な選択です。カウンセラーは、あなたの考えを聴いてくれる人であり、マインドフルネスセラピー、認知行動療法、瞑想のような治療もしてくれます。カウンセラーは、あなたに役立つ地域のネットワークも教えてくれるでしょう。
  • 宗教: あなたが宗教を信仰しているならば、宗教に頼るのも一つの選択肢です。あなたが宗教の教義を信仰しているのであれば、その教えに基づいたサポートやガイダンスが得られるでしょう。

あなたが辛くてどうしていいかわからない時、意気消沈している時に、助けを求めることはとても大切です。うつ状態になったり死にたくなったら、精神的な支援を受けましょう。