リコンゴの子育てひろば 

パート2: 離婚後の協力的な子育てのスキルと方法


親の競い合い

子育てのパートナーは子どもの歓心を買うためにお互いに競い合ってはいけません。あるいは、子どもともう片方の親との間に亀裂を入れようとしてはいけません。これが起きるとき、子育てのパートナーに不必要な緊張が生まれます。そうなると離婚後の協力的な子育て関係や子どもにダメージや傷を与える激しい言い争いになる場合があります。

例:

  • 子育てのパートナーは、あなたに対するネガティブな見方を常に子どもに言い聞かせることによって、離婚で責められるべきはあなたであると説得した。
  • あなたは自分で直接コミュニケーションを取るべきときに、子どもを子育てのパートナーに対するメッセージやとして利用した。
  • 子育てのパートナーが経済的に搾取したり、あなたと競う意図をもって甘い子育てをする。

事例:


ジャックがミッシェルと結婚したとき、彼はフルタイムで働き、彼の妻は子育てのために専業主婦だった。今、彼らは離別した。ジャックは最近、仕事を失った。彼には物質依存の問題があり、欠勤が続いたからだ。ただし、今では彼の問題は解決した。ミッシェルは非常に高給を得ることのできるフルタイムの仕事についている。ジャックはミッシェルに憤慨していた。離別によって、過去の物質依存が再燃し、仕事を失ったからである。ジャックは週末に子どもの面倒を見るとき、自分の問題の原因はすべて母親にあると言い聞かせていた。子どもたちは母親に腹を立て、そのことでミッシェルはジャックに怒った。子どもの歓心を買うため、彼女はおねだりされたおもちゃをすべて買い与えた。ジャックはおもちゃを買うお金がなかった。今やミッシェルとジャックはお互いに競い合っていた。それによって子どもたちはストレスとフラストレーションを背負っていた。

1. ジャックとミッシェルはこの状況をどのように解決すべきでしょうか?
不正解:ミッシェルとジャックは互いに競うことを避け、子どものためにより団結した関係性を築くことに取り組むべきである。一緒に取り組むと、両親の争いに子どもを巻き込むことを回避でき、ストレスを減らすことができる。
正解
不正解:ジャックは子どもに子育てのパートナーについて否定的に話すべきではない。ジャックはおもちゃを買うことが適切かどうかについて合意できるかを確認するために、子育てのパートナーに穏やかに自分の気持を伝えるべきである。