リコンゴの子育てひろば 

パート2: 離婚後の協力的な子育てのスキルと方法


大きな選択と小さな選択

子どもに関する選択を下すことは、離婚後に子育てする両親にとって非常に難しい場合があります。選択するとき、離婚後に子育てする両親が共に同意に至ることが重要です。ところが、離婚後に子育てする両親は、日常生活の些細な選択について争ってしまう自分に気づくのではないでしょうか。

例:

  • 子どもが運転の仕方を学びたいと思っていたので、教える計画を立てていたが、子育てのパートナーが運転の仕方を教えるのは早すぎると考えた。
  • 言語と数学のスキルを高めるために、あなたは子どもを放課後のプログラムに参加させようと思っていた。しかし、子育てのパートナーがときどきプログラムの送迎を助けてくれなければ、子どもをプログラムに参加させることはできない。
  • 子どもがもう思春期になったので、あなたは新しい門限が必要と考えた。ところが、子育てのパートナーは思春期の子どもが夜に外出することは好ましくないと考えていた。

事例:


祝日はジャスミンを交替で世話することについて、マーティンとジゼルは過去に合意していた。サンクスギビングを母親と過ごしたら、クリスマスは父親と過ごすことにしていた。ジャスミンが成長すると、彼女はすべての祝日で両親双方と会いたいと思った。マーティンとジゼルの住居は20分しか離れていなかったが、お互いに会いたいと思わなかったし、祝日に子どもを含めて三人で会うことをあきらめていた。

1. 離婚後に協力的に子育てする両親はこの争いをどのように解決すべきでしょうか。
不正解:マーチンとジゼルは成長につれてジャスミンの望みとニーズが変化することを理解すべきである。両親は当初の取り決めを変更したい理由についてジャスミンと話し合うべきである。それから、ジャスミンのニーズを優先しつつ、両者が納得できる妥協点を見いだすために一緒に取り組むべきである。
不正解:みんなが納得できる解決策を見いだすために、子育てのパートナーがチームとして一緒に取り組むことが重要である。ジゼルとマーチンの両者は互いに相手の考え、気持ち、意見を積極的に聴くべきである。そうすれば、みんなが幸せになる妥協点に至ることができる。
正解