リコンゴの子育てひろば 

パート1: 離婚後の子育ての基本


特別な配慮を必要とする子ども

親子

特別な配慮を必要とする子どもは、とても複雑なパーソナリティです。この子どもたちが離婚に対処できるように手助けする最善の方法は、変化に適応できるように十分な時間を与えることです。特別な配慮が必要な子どもは、毎日の生活習慣があります。これが、離婚のために大きく変化するかもしれないからです。

特別な配慮を必要とする子どもは、他の子どもよりも多くの世話が必要です。なかには、毎日薬を飲まなければならなかったり、頻繁に病院に行かなければならない子どももいます。離婚のときは、子どもに常に安定した生活環境を与える必要があります。両親は、離婚の時、および子どもが二つの家に住むようになってからも健康で幸せでいられるように、子どもに服薬が必要であることを理解する必要があります。安定した生活習慣を継続してください。特別な配慮を必要とする子どもは、両親の気持ちにとても敏感です。彼らは親の気持ちの影響を受けやすいので、子どもの前でネガティブな気持ちを出すときは、注意しましょう。

あなたが、子どもにネガティブな気持ち伝えるのは、避けましょう。子どもたが離婚に上手に対処できるように、親は安定したあたたかい生活環境を心がけましょう。上手な離婚後の子育てによって、このような生活環境を整えることができます。