リコンゴの子育てひろば 

パート1: 離婚後の子育ての基本


外交的な子ども

親子
外交的な子どもは、人と一緒にいるとき、元気が出ます。他の特徴としては、
思ったことは、口に出します。
活動的な環境ですくすく育ちます。
一人になるとすぐに退屈します。
元気で生き生きしています。

外向的な子どもは、内向的な子どもとは異なる方法で離婚に対処するでしょう。外向的な子どもは、親に離婚についての気持ちや考えを率直に言うでしょう。しかし、外向的な子どもが、親の離婚に動揺したり怒っているときは別です。もし子どもが動揺していたら落ち着かせ、状況を理解してください。

外向的な子どもは、基本的に特別な注意が必要です。子どもに十分な注意を向けることができないと、子どもは離婚によってネガティブな影響を受けるかもしれません。その結果、反抗的になるかもしれません。ほとんどの子どもは、親から注目されたくて反抗しており、家族のストレスのときに子どもは問題を引き起こして、注目を得ようと多くのことを企てます。

あなたは、外向的な子どもが寂しいと感じないように、多くの時間を一緒に過ごすように心がけてください。また、子どもと今の状況について話し合ってください。なぜなら、外向的な子どもはコミュニケーションが上手だからです。