リコンゴの子育てひろば 

パート1: 離婚後の子育ての基本


離婚が子どもに与える影響

親子

子どもがどれほど離婚の影響を受けているか理解することが大切です。そうすれば、あなたは子どもを慰めたり力になれます。このセクションでは、子どもの年齢によって、離婚の影響が異なることを見ていきましょう。

忘れないでください。離婚は、子どもに悪い影響を与える可能性がありますが、他方、親は子どもを支えこともできることを理解しましょう。子どもの支える方法は、以下のセクションに記載されています。

離婚と子どもに関する覚書

親が離婚を決めたとき、子どもはある年齢グループに属していますが、異なる年齢グループも知っておくと役立ちます。

離婚が子どもに与える長期的影響


離婚が子どもに与える長期的影響で上位にあげられるものはこちら:

身体面

通常、親が離婚していない子どもよりも健康に問題がある
喘息罹患率が高い
頭痛になりやすい
学業面

学校での素行が悪い
学業成績が低い
高校を卒業できない
大学に進学しない
大学を卒業できない
情緒面

不安と抑うつが高い
長期の怒りや敵意、孤独感
長期の見捨てられ感、他人への不信感
悲嘆に耐えるのが難しい
自分の生活全般への満足が低い
対人関係/社会面

大人になった時、離婚する率が高い
未婚の妊娠率が高い
恋人関係で問題を抱えやすい
性的関係を早くに体験しやすい
親との交流が少ない
mamdad
heroDad