リコンゴの子育てひろば 

パート2: 離婚後の協力的な子育てのスキルと方法


スキル1:連携

親子

離婚後の協力的な子育てでは、両親が連携し、チームとして一緒に子育てすることが重要です。連携は離婚後の協力的な子育ての中心にあります。親であるあなたたちが、子どもの最善の利益を考えて一緒に子育てすることは、連携によって可能になるのです。

離婚後の連携の難しさ

連携は離婚に伴う苦悩や悲嘆があるために難しい場合があります。しかし、子どもの最善の利益のために、チームとして連携することが必要です。

どうして効果的な連携が重要なのでしょうか?

親子

効果的な連携は、結婚生活のパートナーから子育てのパートナーへと移行するために、絶対に欠くことができません。子育てのパートナーとしてうまくやっていくためには、両親双方が子どものために成長し、順応し、成熟しなければなりません。両親双方が相手とポジティブな連携関係を築く必要があるでしょう。連携は、職場の人間関係から近所の人間関係まで、あらゆる関係に不可欠です。連携は、あなたと子育てのパートナーが子どもについて何らかの判断を下すときに必要になるでしょう。また、これからやってくる祝日、学校のイベント、その他の様々な役割で関係するときに必要になるでしょう。

子育てのパートナーは男女の性別役割と関係なく力を共有できます。
連携には互いの尊重が必要となります。

連携は何の役に立つのでしょうか?

効果的な連携は、あなたと子育てのパートナーにとって、以下の役に立ちます。

  • チームとして、相手を尊重して効果的に一緒に子育てに取り組むこと。
  • 親としての相手をサポートすること。アドバイス、身体的に存在すること、手伝いなど。
  • 子どもの生活のあらゆる側面に両親双方からのサポートを与えること。
  • 子どものために、安定し一貫したルール、しつけ、サポートを提供すること。
効果的な連携のヒント

親子

夫婦から子育てのパートナーへの移行は難しいものです。連携は、子どもが健康でよく適応するようにサポートする関係性を築く上で役に立ちます。連携は子どもの成長や成功のために、ルール、期待、愛情で足並みをそろえる第一歩となります。以下は連携のための一般的なルールです。

礼儀正しくすること:子育てのパートナーに対して常に礼儀正しくしましょう。とりわけ、子どもの目の前でやりとりするとき。子育てのパートナーに対して礼儀正しくすることは、両親双方が足並みをそろえていると示すことになります。
柔軟であること:子育てのパートナーに対して柔軟であることを心がけましょう。健全な子どもを育てるために必要な歩み寄りを厭わないようにしましょう。
子育てに対して共同責任を持つこと:子どもに対する親の責任を公平に分担して共同責任を持ちましょう。子育てのパートナーがたくさんの必要な子育ての義務を果たすことを受け入れましょう。
子育てのパートナーの関与を評価すること:子育てのパートナーが離婚後の協力的な子育てに注いでいる努力を認めましょう。あなたが評価していることを伝え、今後の関与を勇気づけるサポートを与えてください。
子育てのパートナーの気持ち、不安、意見、考え方に耳を傾け、理解すること:ネガティブなエネルギーは脇へ置き、傾聴によってあなたが気にかけていることを示しましょう。子育ての問題をサポートすることは、協力的に子育てする関係を強くするでしょう。
子どもにとって見えるチームになること:子どもの利益のために両親が一緒に子育てをしていることを子どもに見せましょう。

効果的な連携を可能にする方法は何でしょうか?