リコンゴの子育てひろば 

パート1: 離婚後の子育ての基本


離婚後の協力的な子育て

親子

今、あなたは離婚後の協力的な子育ての基本とその重要性を理解しました。以下のエクササイズがどれくらいあなたに役立つか評価してみましょう。

すべての親は強みがある!


すべての親は、両親で協力して、上手に子どもを育ててきました。このことに注目すれば、離婚後も親役割の目標を持ち、子どもに適切な環境を与えながら、自分の能力に自信を持ち続けられます。

以下のリストは、重要な性格特性の長所です。あなたと共同養育のパートナーが自信を持てる5つの長所を選んでドラッグし、回答欄に移動させてください。

あなたの強み

  • 1.
  • 2.
  • 3.
  • 4.
  • 5.
  • 創造的
  • 公正
  • 自信
  • 忠誠
  • 集中力
  • 寛容さ
  • 世話
  • 情熱
  • 目標達成
  • 前向き
  • 幸福
  • やさしい
  • 正直
  • 愉快
  • 繊細
  • 指導力
  • 不屈
  • 辛抱強い
  • 学ぶ意欲
  • 好奇心
  • 寛大さ
  • スピリチュアル
  • 想像的
  • 謙虚
  • 希望に満ちている
  • サポーティブ
  • 温厚
  • 依存的
  • 努力家
  • 勤勉
あなたの相手の強み

  • 1.
  • 2.
  • 3.
  • 4.
  • 5.

離婚後の子育て:自己診断


あなたは、このプログラムで離婚に関する情報とサポートが得ることができます。すべての親は、協力して子どもを育てることができます。つまり、親は子どもの人生において、大きな役割を担っているのです。このプログラムで、あなたは責任ある離婚後の子育てに挑戦し、子どもの成長を促す方法を学びます。このプログラムが、いかにあなたに役立つかを理解するために、自己評価をしてみましょう。

1. 積極的に協力して子育てする親は、子どもの学校の宿題を手伝ったり、感じていることを話したり、他のことにおいても手本を示して、日常的に子どもの生活にかかわります。あなたは自分がそうだと思いますか。
子どもの生活に積極的にかかわる親は、子どもにとってすばらしい存在です。あなたが子どもと一緒に過ごせば、子どもは親から愛され、守られていると感じ、安らぎを得るでしょう。あなたはこのプログラムで、離婚後の二人の子育てや実行できるアイディア、そしてそれらがいかに子どもに必要であるかについて学びます。
離婚後、二人で子育てをするのはストレスフルですし、元パートナーと良い関係を維持するのは、時に難しいことがあります。でも、元パートナーとポジティブなコミュニケーションを心がけることができれば、あなたの子どもは、両親の葛藤に巻き込まれたり混乱することはありません。あなたは、このプログラムで、離婚後、二人で協力して子育てをすること、それが子どもに有益であることを学びます。
離婚後、二人で子育てをするのはストレスフルですし、元パートナーと良い関係を維持するのは、時に難しいことがあります。でも、元パートナーとポジティブなコミュニケーションを心がけることができれば、あなたの子どもは、両親の葛藤に巻き込まれたり混乱することはありません。あなたは、このプログラムで、離婚後、二人で協力して子育てをすること、それが子どもに有益であることを学びます。
2. あなたの子どもは、離婚後、二人で積極的に協力して子育てをする親が必要だと思いますか。(離婚後、積極的に協力して子育てをする親とは、常に子どもの生活にかかわり、学校の宿題を手伝ったり、思っていることについて話したりして、子どもの良いモデルになる親のことです。)
子どもは年齢に関係なく、積極的なサポートとお手本が必要であることをあなたは理解しており、素晴らしいです。あなたが、離婚後、二人で積極的に子育てをすることの大切さを理解していれば、子育てのパートナーとの好ましい関係を維持していくことができるでしょう。あなたは、このプログラムで、離婚後の子育てのコツや方法をさらに学びます。
子どもは、年齢に関係なく、積極的なサポートやお手本が必要です。子どもは、親からこのようなサポートを受けられると、すくすくと育ちます。両方の親が積極的に子どもに関わることが、子どもの将来の成功の重要な要素です。離婚後、二人で協力して子育てをするのは、難しいと感じるかもしれませんが、元パートナーと健全で好ましい関係を築いていくことは、子どものために大切です。あなたはこのプログラムで、離婚後の子育てのコツや方法を学びます。
子どもは、年齢に関係なく、積極的なサポートやお手本が必要です。子どもは、親からこのようなサポートを受けられると、すくすくと育ちます。両方の親が積極的に子どもに関わることが、子どもの将来の成功の重要な要素です。離婚後、二人で協力して子育てをするのは、難しいと感じるかもしれませんが、元パートナーと健全で好ましい関係を築いていくことは、子どものために大切です。あなたはこのプログラムで、離婚後の子育てのコツや方法を学びます。
3. あなたは、子どものことを優先していますか。
離婚のとき、子どものことを優先するのは、難しいことです。あなたは、自分の心と身体も労わらなくてはいけない一方で、あなたと子育てのパートナーは、離婚のときずっと、子どものニーズにも応えなければなりません。子どもを優先させる大切さを理解することが大切ですが、あなた自身の健康も、あなたが子どもの世話をしていくために重要です。このプログラムは、あなたが子どもを優先しつつ、自分のニーズも健全な方法で満たすやり方を伝えます。
離婚のとき、子どものことを優先するのは、難しいことです。あなたは、自分の心と身体も労わらなくてはいけない一方で、あなたは、子育てのパートナーと離婚のときずっと、子どものニーズにも応えなければなりません。また、あなたは、リラックスし、自分の気持ちを整理する時間も作らなければなりません。このプログラムは、あなたが子どものニーズを優先しながら、自分自身のニーズも満たすやり方を伝えます。
離婚のとき、子どものことを優先するのは、難しいことです。あなたは、自分の心と身体も労わらなくてはいけない一方で、あなたとあなたの子育てのパートナーは、離婚のときずっと、子どものニーズにも応えなければなりません。あなたは、リラックスし、自分の気持ちを整理する時間を作らなければなりません。このプログラムは、あなたが子どものニーズを優先しながら、自分自身のニーズも満たすやり方を伝えます。
4. あなたは、子育てのパートナーの子どもの世話を信頼していますか。
信頼は、子育ての協力関係を築くための基盤です。あなたが、子育てのパートナーの強みを理解し、子どもを養育する能力を信じることができれば、あなたの子どもは安定し、あなた自身の不安も緩和するでしょう。
信頼は、子育ての協力関係を築くための基盤です。あなたが、子育てのパートナーの強みを理解し、子どもを養育する能力を信じることができれば、あなたの子どもは安定し、あなた自身の不安も緩和するでしょう。もしあなたが、子育てのパートナーを信頼できないなら、そのように感じる理由を考えてみましょう。このプログラムでは、あなたが子育てのパートナーとの関係について感じている気持ちを調べる方法や、あなたの不信感は怒りからきているのか、あるいは子どもの現実的な安全面の心配からきているのか評価することを学びます。
信頼は、子育ての協力関係を築くための基盤です。あなたが、子育てのパートナーの強みを理解し、子どもを養育する能力を信じることができれば、あなたの子どもは安定し、あなた自身の不安も緩和するでしょう。もしあなたが、子育てのパートナーを信頼できないなら、そのように感じる理由を考えてみましょう。それでもまだうまくいかないようなら、カウンセラーや法律の専門家に相談することを考えてみましょう。このプログラムでは、あなたが子育てのパートナーとの関係について感じている気持ちを調べる方法や、あなたの不信感は怒りからきているのか、あるいは子どもの現実的な安全面の心配からきているのか評価することを学びます。
5. あなたは、子どもが、子育てのパートナーについて話しているのを聞くのは嫌な感じがしますか。
子どもが、あなたの子育てのパートナーと話していると不愉快に感じるのは、自然なことです。子どもが嬉しそうに話している言葉をあなたは繰り返す必要はありませんが、あなたの子育てのパートナーに対する子どもの愛着は認め、否定するのはやめましょう。もし、あなたの子どもが、あなたの子育てのパートナーを悪く言っても、子どもの考えに同意するのはやめましょう。子どもと何でも話し合えることが大事です。このプログラムは、あなたが好ましいやり方で自分の気持ちを表現することを学びます。そうすれば、あなたは子どもともっと上手に話せるでしょう。
子どもが、あなたの子育てのパートナーと話していると不愉快に感じるのは、自然なことです。子どもが嬉しそうに話している言葉をあなたは繰り返す必要はありませんが、あなたの子育てのパートナーに対する子どもの愛着は認め、否定するのはやめましょう。もし、あなたの子どもが、あなたの子育てのパートナーを悪く言っても、それに同調するのはやめましょう。子どもと何でも話し合えることが大事です。このプログラムは、あなたが好ましいやり方で自分の気持ちを表現することを学びます。そうすれば、あなたは子どもともっと上手に話せるでしょう。
子どもが、あなたの子育てのパートナーと話していると不愉快に感じるのは、自然なことです。子どもが嬉しそうに話している言葉をあなたが繰り返す必要はありませんが、あなたの子育てのパートナーに対する子どもの愛着は認め、否定するのはやめましょう。もし、あなたの子どもが、あなたの子育てのパートナーを悪く言っても、それを繰り返すのはやめましょう。子どもと何でも話し合えることが大事です。このプログラムは、あなたが好ましいやり方で自分の気持ちを表現することを学びます。そうすれば、あなたは子どもともっと上手に話せるでしょう。
6. あなたは、子育てのパートナーについて、子どもと穏やかに話せますか。
離婚・別居の時、あなたが、子育てのパートナーについて、穏やかに話すのは難しいかもしれませんが、あなたの子どもは、あなたのやり方を見て、好ましい人間関係の築き方を学びます。あなたが、子育てのパートナーについて穏やかに話すのを子どもが聞けば、子どもは、楽しい体験を喜んで話し、あなたの子育てのパートナーと過ごしている時、罪悪感を持たなくなるかもしれません。離婚・別居のときでも、あなたが子育てパートナーについて穏やかに話せる能力は、離婚後の子育てに対するあなたの前向きな姿勢を示しています。あなたは、このプログラムで、あなたの子育てのパートナーが持つ良さを理解し、認める気持ちが強まるでしょう。
離婚・別居の時、あなたが、子育てのパートナーについて、穏やかに話すのは難しいかもしれませんが、あなたの子どもは、あなたのやり方を見て、好ましい人間関係の築き方を学びます。あなたが、子育てのパートナーについて穏やかに話すのを子どもが聞けば、子どもは、楽しい体験を喜んで話し、あなたの子育てのパートナーと過ごしている時、罪悪感を持たなくなるかもしれません。離婚・別居のときでも、あなたが子育てパートナーについて穏やかに話せる能力は、称賛に値し、子どもが親の別居・離婚を乗り越える助けになるでしょう。あなたは、このプログラムで、あなたの子育てのパートナーが持つ良さを理解し、認める気持ちが強まるでしょう。
離婚・別居の時、あなたが、子育てのパートナーについて、穏やかに話すのは難しいかもしれませんが、あなたの子どもは、あなたのやり方を見て、好ましい人間関係の築き方を学びます。あなたが、子育てのパートナーについて穏やかに話すのを子どもが聞けば、子どもは、楽しい体験を喜んで話し、あなたの子育てのパートナーと過ごしている時、罪悪感を持たなくなるかもしれません。難しいですけれども、あなたが子育てパートナーについて穏やかに話せる能力は、子どもが親の別居・離婚を乗り越える助けになるでしょう。あなたは、このプログラムで、あなたの子育てのパートナーが持つ良さを理解し、認める気持ちが強まるでしょう。
7. あなたは、子どもがあなたの子育てのパートナーと一緒に過ごしてほしいと思いますか。
離婚後の子育ては、別々に暮らす両親が行うので、子どもが両方の親と過ごす時間は、子どもの健全な発達のために重要です。子どもがいない時に寂しく感じるのは自然なことですが、あなたの子育てのパートナーが、子どもの人生に果たす役割を理解することが大切です。あなたがこのことを再確認できれば、最高の親になれます。このプログラムでは、子どもの発達のために、両親が一緒に子育てをすることの大切さへの理解が深まるでしょう。
離婚後の子育ては、別々に暮らす両親が行うので、子どもが両方の親と過ごす時間は、子どもの健全な発達のために重要です。子どもがいない時に寂しく感じるのは自然なことですが、あなたの子育てのパートナーが、子どもの人生に果たす役割を理解することが大切です。子どもにとって、あなたの子育てのパートナーの存在が重要であることを心に留めておくのは難しいかもしれませんが、あなたがこのことを再確認できれば、最高の親になれます。このプログラムでは、子どもの発達のために、両親が一緒に子育てをすることの大切さを学びます。
離婚後の子育ては、別々に暮らす両親が行うので、子どもが両方の親と過ごす時間は、子どもの健全な発達のために重要です。子どもがいない時に寂しく感じるのは自然なことですが、あなたの子育てのパートナーが、子どもの人生に果たす役割を理解することが大切です。このプログラムでは、子どもの発達のために、両親が一緒に子育てをすることの大切さを学びます。
8. あなたは、子育てのパートナーに怒りを感じますか。
離婚を経験した時、あなたが子育てのパートナーに敵意や怒りを感じるのは自然なことです。これらの感情は理解できますが、あなたの子育てに影響を与えないようにすることが大切です。あなたの子どもが、この敵意や怒りの感情の犠牲になってはいけません。というのは、あなたのこのような感情は、子どもが、もう一方の親に愛情を示すことを恐れさせてしまうかもしれないからです。難しいかもしれませんが、怒りや敵意の感情は、子どもに向けるのではなく、カウンセラーなどに伝えましょう。そうすれば、ネガティブな感情に押しつぶされずに、子どもを愛し適切な子育てができます。このプログラムでは、あなたが自分の感情をコントロールするやり方を学びます。そうすれば、子育てに悪い影響を与えないですみます。
離婚を経験した時、あなたが子育てのパートナーに敵意や怒りを感じるのは自然なことです。これらの感情は理解できますが、あなたの子育てに影響を与えないようにすることが大切です。あなたの子どもが、この敵意や怒りの感情の犠牲になってはいけません。というのは、子どもはどちらの親も傷つけたくないと思い、もう一方の親に愛情を示すことを恐れるかもしれないからです。難しいかもしれませんが、怒りや敵意の感情は、子どもに向けるのではなく、カウンセラーなどに伝えましょう。そうすれば、ネガティブな感情に押しつぶされずに、子どもを愛し適切な子育てができます。このプログラムでは、あなたが自分の感情をコントロールするやり方を学びます。そうすれば、子育てに悪い影響を与えないですみます。
あなたが、子育てのパートナーに怒りを感じないのは称賛に値します。というのは、大半の人が離婚を経験すると、少なくとも敵意や怒りを感じるからです。怒りを感じていない時でも、子どもに悪い影響を与えないように、自分の感情に気づき、潜在的な怒りや敵意がないか確認しましょう。このプログラムでは、あなたが自分の否定的な感情をコントロールするやり方を学びます。そうすれば、子育てに悪い影響を与えないですみます。
9. あなたは、子育てのパートナーの養育方針にイライラすることがありますか。
子どもに関することを一人で決めるのは、難しいことですが、子育てのパートナーと話し合って決めるのは、もっと難しいでしょう。養育方針のことで、子育てのパートナーにイライラするのは、自然なことです。しかしながら、上手に話し合って、子どものニーズを満たすようにすることが重要です。子育てのパートナーと上手にコミュニケーションが取れれば、今後、養育方針を決める時、ストレスは軽減され、その結果、あなたと子どもの気持ちは安定します。このプログラムでは、あなたが、子育てのパートナーと養育方針を決める際の上手なコミュニケーションの取り方を学びます。
子どもに関することを一人で決めるのは、難しいことですが、子育てのパートナーと話し合って決めるのは、もっと難しいでしょう。養育方針のことで、子育てのパートナーにイライラするのは、自然なことです。しかしながら、上手に話し合って、子どものニーズを満たすようにすることが重要です。子育てのパートナーと上手にコミュニケーションが取れれば、今後、養育方針を決める時、ストレスは軽減され、その結果、あなたと子どもの気持ちは安定します。このプログラムでは、あなたが、子育てのパートナーと養育方針を決める際の上手なコミュニケーションの取り方を学びます。
子どもに関することを一人で決めるのは、難しいことですが、子育てのパートナーと話し合って決めるのは、もっと難しいでしょう。養育方針のことで、子育てのパートナーにイライラするのは、自然なことです。しかしながら、上手に話し合って、子どものニーズを満たすようにすることが重要です。あなたは、自分の感情に良く気づき、あまりイライラせずに、子育てのパートナーと協力して決めることができ素晴らしいです。引き続き、子育てのパートナーと上手にコミュニケーションを取れば、今後もストレスなく養育方針を決めることができ、その結果、あなたと子どもの気持ちは安定するでしょう。このプログラムでは、あなたが、子育てのパートナーと養育方針を決める際の上手なコミュニケーションの取り方を学びます。
10. あなたは、他人に子育てのパートナーのことを悪く言うことがありますか。
別居と離婚は、感情が混乱するので、気持ちを外に発散するのは自然なことです。イライラする気持ちを友達や家族にわかってもらいたいと思うかもしれませんが、子どもはしばしばそれを聞いていて、あなたのイライラした気持ちを自分の中に取り込みます。カウンセラーに話すのは、気が進まないかもしれませんが、でも信頼できる人にあなたの気持ちを聞いてもらうことが大切です。このプログラムでは、あなたが、子どものために適切に感情を処理する方法を学びます。
別居と離婚は、感情が混乱するので、気持ちを外に発散するのは自然なことです。イライラする気持ちを友達や家族にわかってもらいたいと思うかもしれませんが、子どもはしばしばそれを聞いていて、あなたのイライラした気持ちを自分の中に取り込みます。加えて、善意の友達や家族は、あなたの気持ちを彼らのパートナーに話し、彼らの子どもたちもそれを聞いてしまうかもしれません。カウンセラーに話すのは、気が進まないかもしれませんが、でも信頼できる人にあなたの気持ちを聞いてもらうことが大切です。このプログラムでは、あなたが、子どものために適切に感情を処理する方法を学びます。
別居と離婚は、感情が混乱するので、気持ちを外に発散するのは自然なことです。もしあなたが、子育てのパートナーについて他人に否定的に言ってしまうことがあれば、カウンセラーを探しましょう。イライラする気持ちを友達や家族にわかってもらいたいと思うかもしれませんが、子どもはしばしばそれを聞いていて、あなたのイライラした気持ちを自分の中に取り込みます。加えて、善意の友達や家族は、あなたの気持ちを彼らのパートナーに話し、彼らの子どもたちもそれを聞いてしまうかもしれません。あなたの感情を上手に伝えることは、子どもの健全な成長のために大切です。そして、そのことが、子どもに対して体罰や叫ぶような不適切なかかわりをする可能性を軽減します。カウンセラーに話すのは、気が進まないかもしれませんが、でも信頼できる人にあなたの気持ちを聞いてもらうことが大切です。このプログラムでは、あなたが、子どものために適切に感情を処理する方法を学びます。